概要

外観

所在地

住 所 : 広島県庄原市東城町内堀1100番地1  庄原市小奴可自治振興センター
電話&ファックス : 08477-5-0057

役員

会    長 : 宮脇希夫
事  務 局 : 事務局長 大原元治、 事務局員 古家真貴

地域の様子

庄原市東城町北東部、鳥取県、岡山県との県境に位置する。中山間地域で、山林が多くを占める。
農業が中心。主に、米、畜産、リンゴ、花卉など。
古くは、たたらによる製鉄が盛んな地域であり、その名残が遺跡や地形などに残されている。
文化財として、塩原の大山供養田植、内堀の神代垣内落鉄穴跡、小奴可の要害桜、千鳥の別尺のヤマザクラなどがある。

沿革

年   月 公 民 館 自 治 振 興 区
昭和34年1月 比婆郡東城町小奴可公民館設立
昭和63年3月 現在地へ新築移転
平成11年4月 自主運営公民館へ移行
平成17年4月 庄原市、比婆郡5町、総領町が合併し庄原市誕生
平成17年4月 自主運営公民館 小奴可、加谷、内堀、塩原、千鳥、小串の6つの自治振興区が誕生
平成23年4月 小奴可公民館、小奴可、加谷、内堀、塩原、千鳥、小串の6つの自治振興区が統合し、小奴可の里自治振興区になる

主な室内施設

  • ホール
  • 和室
  • 会議室
    kaigi
  • 健康管理室(毎週火曜日に内堀診療所)
  • みそ加工室
  • 玄関ホール(常設サロン サロンおぬかの里)
    genkan2

コメントは停止中です。